WordPressにウィジェットエリアを追加できるプラグイン「Custom Sidebars」

福岡のWEBフリーランスFUGAのブログ記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

WordPressのテーマに標準で準備されているウィジェットエリアの他に、別のウィジェットエリアを追加したい

ということがありますよね。

ウィジェットエリアの追加はfunctions.phpに簡単なコードを書くことでできますが、もっと簡単にプラグインで追加することもできます。

投稿ページや固定ページのサイドバーに使用するウィジェットエリアを追加したいのでしたら、Custom Sidebarプラグインがおすすめです。

Custom Sidebarでウィジェットエリアを追加する

プラグインを有効化すると、管理画面の「ウィジェット」画面に下図のようなメッセージが表示されます。

ここでは、印をクリックしてメッセージを閉じましょう。

次に、「Create a new sidebar」ボタンをクリックします。

ウィジェットエリアの設定ダイアログが表示されますので、ウィジェットエリアの名前を「Name」欄に、ウィジェットエリアの説明文を「Description」欄に入力します。

少しわかりにくく恐縮ですが、ここではウィジェットエリアの名前を「追加ウィジェットエリア」に、説明文を「プラグインで追加したウィジェットエリアです。」にしています。

入力が終わったら、ダイアログ右下の「Create Sidebar」ボタンをクリックします。

ウィジェット画面のCustom Sidebarsの列に、新規でウィジェットエリアが追加されました。

新規のウィジェットエリアには、標準のウィジェットエリアと同じくウィジェットを設置できます。

ここでは、「カレンダー」ウィジェットを設置しています。

ウィジェットエリアの追加は以上で完了です。簡単ですね^^

ウィジェットエリアを投稿や固定ページに使用する

それでは、追加したウィジェットエリアを投稿や固定ページで表示してみましょう。

プラグインを有効化した時点で、投稿や固定ページの編集画面のサイドバーに「Sidebars」という項目が表示されています。

表示言語が日本語ではないのが難点ではありますが、ここには「初期のサイドバーを、置き換えたいサイドバーに変更してね」という旨のことが書かれてあります。

少しわかりにくいかと思いますので、解説いたしますね。

まず、この「サイドバー」という表現は「ウィジェットエリア」に置き換えて考えていただいて問題ありません。

この記事の例として使用している「Twenty twenty」テーマは、下図のようにフッターに2つのウィジェットエリアを持っています。

ページ上では、下図のように表示されています。(表示されているのは1つのウィジェットエリアのみです。左右2つ並べて設定することもできます。)

投稿や固定ページの編集画面から、変更したいウィジェットエリアを指定して、ページごとに上図の赤枠の箇所のウィジェットエリアを置き換えるということになります。

では、編集画面のSidebarsにて、置き換えたいウィジェットエリアを選択しましょう。(ここではフッター1(左側)を変更していますが、変更するのはフッター1,2のどちらでもかまいません)

「更新」ボタンを押して変更を適用すると、次の図のようにプラグインで追加した(カレンダーを設置した)ウィジェットエリアに変更されています。

プログラムを書かなくてもウィジェットエリアを追加できるのは大変便利ですね。

「プログラムは苦手!」と感じられる方は、ぜひCustom Sidebarsを利用されてみてください。

WordPressのお困りごと解決、WordPressでのホームページ制作は、ぜひFUGAにお任せください^^

       

WEBやWordPressのことでお困りでしたら、
お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です