【WordPress】サイドバーを非表示にできるプラグ イン「Content Aware Sidebars」

福岡のWEBフリーランスFUGAのブログ記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

この記事では、

「WordPressのサイドバーを非表示にしたいけどコードは書きたくない。プラグインを使って非表示にできないの?」

という方のために、サイドバーを非表示にできるプラグイン「Content Aware Sidebars」をご紹介いたします。

「Content Aware Sidebars」プラグインは、以前にご紹介した「Custom Sidebars」と同様、テーマの既存のサイドバー(ウィジェットエリア)を別のサイドバー(ウィジェットエリア)に置き換えることができるプラグインです。

「サイドバーを置き換えるプラグインなのに、なぜ非表示にできるの?」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、結論を先に申し上げますと、既存のサイドバーを空のサイドバーに置き換えることでサイドバーを非表示にすることができます。

言葉での説明だけですと分かりづらいかと思いますので、実際にプラグインを導入して非表示にする方法を見ていきましょう。

Hello world!のサイドバーを非表示にする

ここでは例として、投稿の「Hello World!」に表示されているサイドバーを非表示にしてみましょう。

プラグインを有効化すると、管理画面に「Conent Aware」というメニューが追加されていますので、「新規作成」をクリックします。

新規サイドバー名前を入力欄に入力します。

新規サイドバーの名前はどんな名前でも問題ありません。

Where to display」の「New condition group」から「投稿/Blog」を選択します。

「投稿一覧/ブログページ」と表示されている入力欄にカーソルを合わせると投稿の候補が表示されますので、ここでは「Hello world!」を選択しましょう。

選択できたら、右端の「Create」ボタンをクリックします。

Sidebar activated.」と作成完了メッセージが表示されますので、「ウィジェットを管理」をクリックします。

「ウィジェット」画面で、作成したサイドバー(ウィジェットエリア)が表示されていることを確認しましょう。

ウィジェットエリア内に「置換:フッター1」という表示があれば、テーマの「フッター1」というサイドバー(ウィジェットエリア)を、先ほど作成した「追加サイドバー1」に置き換えるということになります。

ここでは、作成したサイドバーを何もウィジェットを追加しない空のサイドバー(ウィジェットエリア)のままにしておきます。

この状態で、「Hello world!」の投稿を確認してみましょう。(トップページではなく、個別のページを確認します)

Hello world!のページに表示されていたサイドバーが非表示になっていることをご確認いただけます。

もし非表示になっていない場合には、設定が誤っている可能性がありますので、再度「Conent Aware」メニューから設定を確認しましょう。

置換するサイドバーを変更する方法

上の例では、「フッター1」を置換する設定になっていましたが、置換するサイドバーを変更することもできます。

作成したサイドバーの編集画面にて、「Action」タブをクリックします。

Target Sidebar」で「フッター2」を選択します。

保存して、フッター2が非表示になっていることを確認しましょう。

たとえば、下図のようにフッター1,2が左右に並んでいる場合には、右側のフッター2が非表示になっているはずです。

Content Aware Sidebarsプラグインは、サイドバーを非表示にするだけではなく、別のサイドバー(ウィジェットエリア)に置き換えたいという場合にも、もちろん利用できます。

また、投稿以外の特定の固定ページやカテゴリーページなどでも、サイドバーを非表示にすることができますので、使い勝手の良いプラグインといえますね^^

「プラグインを利用してサイドバーを非表示にしたい!」

という場合には、Content Aware Sidebarsプラグインをぜひ試されてみてください。

WordPressのお困りごと解決、WordPressでのホームページ制作は、ぜひFUGAにお任せください^^

       

WEBやWordPressのことでお困りでしたら、
お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です