特定のカテゴリの記事を一覧に表示させたくない時に利用したい「Ultimate Category Excluder」の使い方

特定のカテゴリの記事を、ホームやアーカイブページ・カテゴリーページなどで表示させたくないという時ってないでしょうか?

そんな時に利用したいのが、「Ultimate Category Excluder」です。

Ultimate Category Excluderの使い方

Ultimate Category Excluderの使い方は非常にシンプルです。

Ultimate Category Excluderのインストール

はじめに、Ultimate Category Excluderをインストールしましょう。

Ultimate Category Excluderの設定

インストールが完了したら、あとは除外したいカテゴリーをページごとに指定するだけです。

管理画面左のメニューから「設定」「Category Excluder」を選択します。

最後に、ページ別に除外したいカテゴリにチェックを入れます

ここでは、「テスト」というカテゴリーを以下のページから除外しています

Exclude from Front Page? ⇒ フロントページ(トップページ)
Exclude from Feeds? ⇒ RSSフィードなど
Exclude from All Archives? ⇒ 全てのアーカイブページ
Exclude from Search? ⇒ 検索結果

以上が、特定のカテゴリの記事を一覧に表示させたくない時に利用したい「Ultimate Category Excluder」の使い方になります。

ウィジェットで表示しているカテゴリーに特定のカテゴリー名を表示させない方法

下図のように「特定のカテゴリーをウィジェットのカテゴリーに表示したくない」という時もあるかと思います。

その場合は、次のコードをfunctions.phpに記述します。

function customize_category_list( $args ) {
    $args['exclude'] = 2;//除外したいカテゴリーIDを指定
    return $args;
}
 
add_filter( 'widget_categories_args', 'customize_category_list' );

これでウィジェットに表示されている、特定のカテゴリーを非表示にすることができます。

       

WEBやWordPressのことでお困りでしたら、
お気軽にお問い合わせください。